小麦、鰹、豚、かんすいの妙技

沖縄そばレポート

「沖縄そば街道ゾーン」 一覧

no image

やまご家:マイナスイオンたっぷりのお水にこだわった透き通るような沖縄そば

沖縄そば街道の中腹で、マイナスイオン囲まれながら食事をする。カレーも美味しいけど、沖縄そばも負けないぐらい美味しかったです。

no image

さわのや 本部本店:トロトロに煮込まれた軟骨とカツオと豚の醤油味出汁で楽しませてくれる沖縄そば

人気店きしもと食堂から数十メートルの場所にありながら、まだ若いお店なのに、地元のおばぁが集まるのには秘密がある。昔ながらの木灰を使った自家製麺と醤油味の出汁の組み合わせが沖縄そばに新しい風を吹き込んでいます。

no image

島豚家:次世代型沖縄そばは、ラーメンではなく沖縄県産食材にこだわった沖縄そばだった

きしもと食堂を源流とする沖縄そば文化に、新しい泉が湧きだした。ラーメン化する沖縄そばに一石を投じる沖縄そばは、新時代の沖縄そばのお手本となる良店でした

no image

かりー亭:まるで円錐カルストを彷彿とさせるメガ盛りの沖縄そば

盛りに盛られたもやしの中に、地元への愛とこだわりが見え隠れする沖縄そば。そのボリュームは負けること無く完食を目指すことに。名前の由来も面白い「もーやしそば」をお楽しみください。

no image

沖縄食堂きたやま:名護の名店がもとぶ町にお引越し、麺と出汁の新しい出会いのムトゥブそば

名護の沖縄そばと、もとぶの沖縄そばの新しい出会い。かつての名護の名店がもとぶでつくる新しい沖縄そばとは??

no image

きしもと食堂 八重岳店:味も心も老舗のままに沖縄そば街道沿いで食べれる昔ながら100年以上続くすば

老舗の支店は老舗なの?そんな細かいことは気にせずに、100年以上続く伝統的な沖縄そばの味を楽しんでくださいな。歴史を感じれる沖縄そばはそう多くありません。

no image

山原そば:行列のできる琉球古民家の沖縄そば屋の三枚肉そば

雑誌、テレビ等でもよく取り上げられる沖縄そばの人気店。行くのが遅いと売り切れ看板とご対面。創業以来、継ぎ足しで作り続ける出汁で食べる沖縄そばの旨さの秘密とは。

no image

八重善:エプロンとセットで出てくる真っ黒な濃厚スープの元祖いかすみそば

沖縄そば激戦区の沖縄そば街道、天ぷらの名店として名高いお店にも沖縄そばが用意されています。その中でもひときわ目立つ存在の元祖いかすみそばをいただくことにしました。さて、お味は?

no image

布れ藍:料理は味も見た目も大切ですと教えてくれるソーキそば

八重岳が一望できるお店は、優しい日差しと心地よい風が入り込む癒しの空間。藍染の作品を楽しみながら食べるソーキそばの味はいかに?

no image

伊豆味ドライブイン:摩訶不思議堂ともいうべき店構え、勇気を出して入ってみました

沖縄そば街道伊豆味地区にある伊豆味ドライブインは、一件近寄りがたい感じを受ける。勇気を振り絞って中に入ると、そこは小枝のパラダイス

Copyright© 沖縄そばレポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.