小麦、鰹、豚、かんすいの妙技

沖縄そばレポート

「 月別アーカイブ:2013年08月 」 一覧

no image

ぐしけんそば:コラーゲンとミネラルで美容と健康を意識した沖縄そば

柔らかく煮こまれたてびちの美味しさを引き出す脇役たち。味も見た目も美しく、伝統的な製法を守り続ける沖縄そばをいただきました

no image

レストラン イノー:美ら海水族館のレストランで絶景をみながら食べる沖縄そば

美ら海水族館といえば、もとぶ町にある日本で一番人気のある水族館。多くの観光客が訪れる場所に佇むレストランは夕方のメニューで沖縄そばを提供しています。

no image

石くびり:花笠美女の甘酸っぱい恋のものがたりとアンマーの味の沖縄そば

沖縄の文化を大切にするもとぶ町ならではの店名「石くびり」琉球舞踊「伊野波節」を思い出しながらいただく沖縄そば

no image

やまご家:マイナスイオンたっぷりのお水にこだわった透き通るような沖縄そば

沖縄そば街道の中腹で、マイナスイオン囲まれながら食事をする。カレーも美味しいけど、沖縄そばも負けないぐらい美味しかったです。

no image

沖縄そばとは

2013/08/05   -沖縄そば辞典

沖縄そばは「麺、出汁、具、薬味、調味料、器、箸、歴史」の要素からなる。「うどんのようにでもあり、ラーメンのようでもあり、若干パスタのようでも独特の食感」を持つ沖縄そばは沖縄の気候風土と文化が生んだ麺類です

no image

本部そば:ダイビングショップから沖縄そば屋に、もとぶ町にこだわったむぅとぅぶそば

ムトゥブ麺の平麺を使用した使用したおそばはちょっと濃い味のスープとの相性はバツグンです

no image

琉宮城 蝶々園:展望レストランからの絶景をたのしみながら、むとぅぶ麺の沖縄そばをいただきました

本部海峡の美しき風景を楽しみながらいただく沖縄そばは、本部町自慢の「むとぅぶ麺」のソーキそば。ここだけにしか無いお土産も要チェックですよー

no image

さわのや 本部本店:トロトロに煮込まれた軟骨とカツオと豚の醤油味出汁で楽しませてくれる沖縄そば

人気店きしもと食堂から数十メートルの場所にありながら、まだ若いお店なのに、地元のおばぁが集まるのには秘密がある。昔ながらの木灰を使った自家製麺と醤油味の出汁の組み合わせが沖縄そばに新しい風を吹き込んでいます。

Copyright© 沖縄そばレポート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.