オキちゃんパーラー:三枚肉の一枚載せ。古き良き沖縄そば

概要:
イルカショウ、オキちゃん劇場すぐそばのおみやげ屋さんに併設されたオキちゃんパーラー。ショーの待ち時間にはぐはぐと食べた沖縄そばとは

 那覇から車で2時間程度で美ら海水族館へつきますが、急いで帰らずに、オキちゃん劇場に足を伸ばしてみてはどうでしょうか?
 オキちゃん劇場は海洋博公園で飼育されているイルカのショーを1日に4回から5回公演しています。時期によって講演内容が変わっていくので何度観ても楽しめます。
 また、海洋博公園は朝8時から開いていて、地元の方のお散歩コースにもなっています。眠たい目をこすりながらイルカに会いに行くのも楽しいです。もちろんイルカも眠たい目をしていますが、同じ哺乳類として通じ合うものを感じずにいられません。
 オキちゃん劇場は平成22年4月29日から、新しい施設となり昔とは違ったショーに変わっていますよ。それとオキちゃんはもとぶに住んでもうすぐ40年。フジと一緒に名誉町民にしてあげれませんかね?また、オキちゃんと、フジは、良きアンマー(おかぁさん)でもあります。
 さて、今回はそんなオキちゃん劇場の横にある、オキちゃんパーラーで沖縄そばをいただいてきました。人が多いと食べるところに困るので、ショーが始まるより前の早目の時間に突入です。
 観光施設のパーラーということで、テンション高め意気揚々といきましたが、さすがに早すぎるため一人だけ注文すると何故か申し訳ない気分になってしまいます。
 注文して待つことしばし。
 ここはセルフサービスなので、出来上がったら自分で取りに行きます。
 熱々で湯気が立ち上る沖縄そばをもってテーブル席に。席に腰掛け周りを見ると壁にはイルカたちの素敵な写真がいっぱいの癒し空間になっています。それではいただきま〜すと、沖縄そばをいただくことに。
 そばまかいの中を覗くと、町内では珍しい、お肉一枚載せと、薄切りかまぼこ2枚。なんだか、遠い昔の沖縄そばを思い出す。戦後の復興で、アンマーが家族を養うために沖縄そば屋をはじめたという。苦しい時代もあったけど、貧しい時代もあったけど、未来に向かって突き進む。
 アンマーよ、ありがとう。オキちゃんを、ありがとう。そう思いながら食べ終わり、オキちゃん劇場初回講演に向かうのであった。
オキちゃんパーラー:沖縄そば:沖縄そばの本場、やんばる本部町
 店舗名:  オキちゃんパーラー(オキちゃんぱーらー )
 住所:   沖縄県国頭郡本部町字石川424
 電話:   0980-48-2741
 営業時間  9:00~17:30
 定休日   12月の第一水曜とその翌日
 食べログ
 http://tabelog.com/okinawa/A4702/A470202/47009712/
 Retty
 現在登録なし