島豚家:次世代型沖縄そばは、ラーメンではなく沖縄県産食材にこだわった沖縄そばだった

概要:
きしもと食堂を源流とする沖縄そば文化に、新しい泉が湧きだした。ラーメン化する沖縄そばに一石を投じる沖縄そばは、新時代の沖縄そばのお手本となる良店でした

 ないちゃ〜(沖縄以外に住んでる日本人のこと)から、よく受ける質問に、「沖縄そば」と「ラーメン」ってなにが違うの?のがあります。そのことに関しては、現在、「沖縄そばについて」という記事を執筆中ですので、今しばらくお待ちいただきたいのですが、今回行って来ました島豚家(しまぶたや)は、その疑問にど真ん中のストレートで回答している沖縄そばだと感じます。
 まずは、写真をご覧あれ。他の沖縄そばを寄せつけぬ肉のはみ出しっぷり。ここまで大きな三枚肉を具として採用している店舗は県内でもほとんど見られない。こちらのお肉は、輸入物ではなく、沖縄県産島豚を使用しております。実のところ「食肉公正競争規約」には島豚の定義はない。県内で島豚といえば、沖縄の原種豚「アグー」、またはアグーの血をひく豚である「あぐー、ちゃーぐー」等を指すのが一般的である。(間違っていたらご指摘頂戴賜ります。)
 大きなお肉の塊の手前には、真っ二つに割られた味玉。これが、「ラーメン」感を醸し出しているのは言うまでも無いかもしれないが、その横にかまぼこが添えられているところが、これまた「沖縄そば」らしさも醸しだす。
 出汁は、アグー、カツオ節、鶏、野菜、あっちゃんの塩と沢山の食材からとられた逸品で「魚介系ラメーン」を感じつつも、麺は自家製で太めの生麺で正統派の北部沖縄そばでもある。
 沖縄そばなのか、はたまた、ラーメンなのか、本当に悩ましい沖縄そばなのです。しかし、忘れてならないことが1つある、このお店の食材は本部町ややんばるを中心にほぼ沖縄県産品で統一されているところが大きな魅力です。
 私はこの沖縄そばを「新流沖縄そば」と命名したいぐらい、テンションがあがる沖縄そばでした。
島豚家 :特製炙り島豚そば:沖縄そばの本場、やんばる本部町
 店舗名:  島豚家 (しまぶたや)
 住所:   沖縄県国頭郡本部町字東500-4
 電話:   0980-47-7222
 営業時間  11:00~17:00(売切れ次第終了)
 定休日   金曜日
 食べログ
 http://tabelog.com/okinawa/A4702/A470202/47007269/
 Retty
 http://retty.me/area/PRE47/ARE247/SUB24701/100000050099/