居酒屋 くぇぶぅ:沖縄でも唯一の沖縄産アサヒガニをまるごと使った沖縄そば

概要:
アサヒガニそばという沖縄そばは、県内でも他に類を見ないアサヒガニをまるごと一匹使った贅沢さ。味噌出汁の相性の良さも楽しめる一品でした。

 日本人は昔から「夜鳴きそば」に憧れ、白息を吐きながら食べる、時を経て屋台ラーメンが夜も営業していたり、お酒のあとに深夜の〆ラーメンを食べる人も多いという。
 日本人は本当に麺好きだ。もちろん、「沖縄そばの町もとぶ」は沖縄そばを提供しているお店がありますよ。
 今回、おじゃましました「居酒屋 くぇぶぅ」も夜に沖縄そばを扱うお店。時々品切れの時もありますが、そのときはご了承ください。
 居酒屋なので、やっぱり〆すばといきたいところですが、今回は大変申し訳無いことに泡盛はノンノンでなんか申し訳ない感じ。今回いただいたのは、本来、「東村CAFE くぇぶぅ 」で提供されてるアサヒガニそば。本来??
 実は、このアサヒガニそばが本部町に登場したのは「もとぶのそばを食べ尽くす会」で「スタンプラリー」を主催させていただいた時に、オーナーさんのご好意で、期間限定で本部町でも販売されたものです。
 当会が景品を用意できない事情の中、お店自体の商品力でご協力いただけたのはとっても嬉しいですし、参加された皆さんの食べた瞬間の笑顔がそこにあったことは間違いありません。他にも多くの店舗で工夫をしていただいたと感謝がつきませんし、なによりも、参加しいただいた方への最高のプレゼントになったと思います。
 さて、海産物なのに遠く東村から山を超えてやってきたアサヒガニそば。そもそも、アサヒガニとは、なんぞや?というところですね。
 アサヒガニは本州中部以南に生息する食用のカニで、淡白な白身とたっぷりのカニミソが特徴です。国内では九州南部での水揚げが殆どですが量が少なく、本土ではニュージランド産が多く流通しているそうです。ちなみに、ここのアサヒガニは沖縄近海の国内産でございます。
 注文して、オーナーさんとお話しながら待つことしばし。ついに登場、アサヒガニそば。
 第一印象。「え、カニまるごと??」これは、ジャンルとしてデカ盛りに入るのだろうか。ってか、原価いくら?しかし、それはそれ、味は味ということで早速いただくことに。
 美味。沖縄そばとしては珍しい味噌ベースの出汁にはたっぷりとカニ旨味が出ています。この時点で幸せな笑顔になりました。出汁を味わうと次は、麺か、それとも蟹か、迷いどころではありますが、少し蟹をいただくこに。
 蟹といえば食べづらいイメージがありますが、真ん中でわってくれているので身にすぐたどり着けるのも嬉し気配り。しかも、身がポロッととれて食べやすい。足回りは難しいですが、あまり手こずらない分麺がのびてしまうこともない。
 さて、その麺ですが、ガッツリ太麺の沖縄麺はまごうことなき沖縄そば。味噌出汁との相性もよく、出汁、蟹、麺、野菜のローテーションで空きのこない食べ心地です。これで、お値段1000円。那覇からリピートする人がいるのもうなづけます。
 沖縄でも異色の沖縄そばは、蟹一匹まるごとの衝撃だけにとどまらず、唯一といって良い美味しさでした。
 現在は「東村CAFE くぇぶぅ」での取り扱いとなっておりますのでお気をつけください。
居酒屋くぇぶぅ:あさひがにそば:沖縄そばの本場、やんばる本部町
 店舗名:  居酒屋 くぇぶぅ(いざかや くぇぶぅ)
 住所:   沖縄県国頭郡本部町字大浜863-1 かりゆしマンション C-104
 電話:   0980-47-3332
 営業時間  17:00~24:00
 定休日   火曜日
 食べログ
 http://tabelog.com/okinawa/A4702/A470202/47002240/
 Retty
 現在未登録