かりー亭:まるで円錐カルストを彷彿とさせるメガ盛りの沖縄そば

概要:
盛りに盛られたもやしの中に、地元への愛とこだわりが見え隠れする沖縄そば。そのボリュームは負けること無く完食を目指すことに。名前の由来も面白い「もーやしそば」をお楽しみください。

 沖縄アルプスと呼ばれるカルスト地形が連なる本部半島。その中でも、円錐カルストという、まるでひとつの山がぽつんとあるようなカルスト地形を日本で唯一有するのが美ら海水族館がある本部町。
 今回行って来た、「かりー亭」には、円錐カルストの一つであるもとぶ富士を彷彿とさせる、盛り盛りもっりもりの「もーやしそば」なる沖縄そばがあるという。名前も気になるがまずは潜入調査をしなければ\(^o^)/
 ちなみに「かりー亭」は Curry亭 ではない。「かりー」とは、沖縄の方言で「めでたい」という意味。「かりー亭」と書いてあるのに沖縄そば屋、泡盛を押してるお店と勘違いしないでね。
 「かりー亭」は名護から水族館へ向かう84号線の途中、本部町の繁華街に入る手前にある。84号線に大きな駐車場を構えているので、入りやすいです。
 観光客は多い町だけれども、のどかな田舎町、この辺りは牛のお散歩コースでもある。
 お店に入って注文した沖縄そばは、もちろん前出の「もーやしそば」。もやし炒めが山盛りに盛られたその様は、聞きしに勝るもとぶ富士。これは、盛り過ぎでしょ。気になる「もーやし」という、聞きなれない発音。
 その謎が今ここで明かされます。沖縄の方言かな?と思い確認してみると、「このへんは牛があるいてるさぁ、だから『も〜〜〜』さぁ」というお返事。ぎゃはぁ〜〜。からかわれるのかなぁと思いつつ、ニコニコしながらいただくことに。
 写真を見ていただければわかりますが、麺にたどり着くのにしばし時間を要するほどの、デカ盛りのもやし炒め。女性の方は要注意です。しかし、出てきた以上はカロリーなんか気にしちゃいけません。
 もぐもぐもぐもぐ、美味しいなぁ、美味しいなぁ、苦しいなぁ、麺食べれるかなぁ、のびてないかなぁ。何故か、いろんな思いが時間がたつごとに変化する。しかし、こだわりの一品の沖縄そばは薬味のネギと紅しょうを別盛の小皿で出してくる。
 そうか、ここで薬味だ。もやしを食べ終わるころに蛋白になりかけていた味が薬味で一気に変わる。ここまで来たら沖縄そばだ。しかし、味が変わっても膨れたお腹が減るまでには時間がかかる。しかし、なんとか完食だ。
 教訓、今度は二人で食べに来る。
 驚くべきはこのボリュームで650円。3食分ぐらい食べた気がするが気のせいだろうか。
 かりー亭は日曜日定休日なので観光の方はお気をつけください。夜は居酒屋をやってるので、今度、沖縄そばがあるかどうか確認に来て見ないといけないなぁ\(^o^)/ 島とうがらし無しコーレーグースも使わなきゃ\(^o^)/
かりー亭:もーやしそば:沖縄そばの本場、本部町
 店舗名:  かりー亭 (かりーてい)
 住所:   沖縄県本部町字伊野波323-1番地
 電話:   0980-47-5657
 営業時間  10:00~15:30
       18:00~24:00
 定休日   日曜日
 食べログ
 http://tabelog.com/okinawa/A4702/A470202/47009287/
 Retty
 現在未登録