鈴なり食堂:ワンコイン沖縄そばは大だった

概要:
アセロラの実が鈴なり状態になると、また、食べたいなぁという気持ちがこみ上げてきます。瀬底大橋の袂で営業されているので美しい景色とともに沖縄そばをいただきました。

 沖縄県産アセロラの雄として業界を引っ張って来た本部町にはとても大切な季節です。5月12日を「アセロラの日」の日と銘打って、日本をはじめアジアの方々にレモン十数倍のビタミンCを持つアセローラを知ってもらうために活動しています。
 5月はアセロラの初収穫期となり、本部町では沖縄の日差しが育てた赤い果実が旬を迎え、崎本部の山々にあるアセロラ畑は赤い果実で鈴なり状態となります。
 今回、おじゃました沖縄そばのお店は、そのアセロラ畑の起点というべき瀬底大橋の袂にある「鈴なり食堂」です。
 店内が少し暗いので入りにくさはありますが、瀬底大橋の袂ということもあり、店内からは抜群のロケーションを楽しめます。海面からの照り返しで橋の色が変わる瀬底大橋を室内からじっくり見れる場所はそう多くありませんので、観光の方もぜひお立ち寄りください。
 さて、本題の沖縄そばですが、ワンコインでありながら、サイズは大ほどあり、だしはしっかりしたカツオベース。3枚肉も美味しかったです。かまぼこも雑に放り込まれることなく、ネキの両サイドにちょんと置かれ、楽しみながら沖縄そばをつくっておられることが伺えます。
 一緒にヒラヤーチー(沖縄風平焼)もサービスで出て来ましたよ。本当にワンコインでいいのかね?そう思わずにはいられません。
 地元の人もよく通う沖縄の食堂らしい雰囲気の中で、頂く食事はたまりません。食堂らしくメニューも豊富で地元の人達が集まるのもよくわかります。
鈴なり食堂:沖縄そば:沖縄そばの本場、本部町
 店舗名:  鈴なり食堂 (すずなりしょくどう)
 住所:   沖縄県国頭郡本部町健堅127
 電話:   0980-47-4417
 営業時間  10:30-17:00
 定休日   月曜日
 食べログ
 http://tabelog.com/okinawa/A4702/A470202/47010451/
 Retty
 現在未登録