さんだぁー:もとぶでは珍しい豚ベース出汁にムトゥブ麺を使った沖縄そば

概要:
警察署が近いのでおっかなびっくりな感じでお店に突入。何も悪い事していないのに妙な緊張感。そこにはこだわりの出汁と麺が出会った沖縄そばがありました

 名護方面から瀬底大橋を過ぎると、否が応でも目に飛び込んでくるマックスバリューもとぶ店ザ・ビッグエクスプレスもとぶ店。時にはびっくりするような価格でおつとめ品が並んでついつい行ってしまうのですが、その正面には、本部警察署、更にその奥に本部消防署があります。
 その消防署の斜め向かいで営業をしているのが今回お邪魔した『さんだぁー』さん。お財布にやさしい500円ランチの店頭広告が目に飛び込んできます。道路向かいに駐車場らしきものがあるけど、看板はないのでもしかしたら違う店の駐車場かも。
 かといって、前の道路は駐禁。どうしようか悩んだ末、近所に広めの脇道があったので、そこに停めて他の車の妨げにならないことを確認していざ出陣。
 居酒屋風のおしゃれな大きな扉が特徴的。しかし、窓はカーテンが閉められていて、なんだか営業していない感じもするが、表には営業中の看板が出ているのを信じて扉を開ける。
 なかは、カウンターとテーブル席。基本的にはおしゃれですが、どことなく古き良き時代を感じる落ち着く空間です。カーテンが強い太陽の光を和らげてとても良い感じですね。
 もちろん、いつものように、注文したのは沖縄そば。待つことしばし。
 この「さんだぁー」も本部生まれのそば麺「ムトゥブ麺」を使用しています。「ムトゥブ麺」はアレルギーレスにこだわった沖縄麺で、原価高。こうやって町の沖縄そば屋が、売ってくれることでスケールメリットが出てきて将来的にはお安くなる。
 その「ムトゥブ麺」を使った沖縄そばは、モチモチとした食感がうまく生かされていて、やみつきになりそうです。もちろん、出汁が麺を引き立てるのですが、ここの出汁は、豚をベースにカツオで町内では珍しい出汁となってます。
 本部町は、県内のカツオの多くを水揚げする港町としても有名なため、カツオベースの出汁が多い。その中で豚ベースカツオ出汁をチョイス。
 そういえば、麺全般ことにとても詳しい、麺や風゜太郎の女将に、「ムトゥブ麺」の事を聞いた時に、お店の出汁と合わないので、店舗規模を考えると採用出来るゆとりが無いとおっしゃっておられました。ということは、やっぱり、出汁が決め手になるんだなぁ。
 もちろん、出汁と麺の相性だけでなく、沖縄そばには三枚肉も欠かせない。程よく煮こまれた三枚肉は柔らかくとても食べやすかったです。
 今日も工夫をこらす沖縄そばに出会えてとても嬉しい気持ちで仕事に戻れました。
さんだぁー:沖縄そば:沖縄そばの本場、本部町
 店舗名:  さんだぁー
 住所:   沖縄県国頭郡本部町字大浜505
 電話:   0980-47-6008
 営業時間  11:30~15:00
 定休日   日曜
 食べログ
 http://tabelog.com/okinawa/A4702/A470202/47010279/
 Retty
 http://retty.me/area/PRE47/ARE247/SUB24701/100000725722/